水を放つ天体!アマゾン川の1億倍の水を時速19.3万kmで放水する星が存在する!



お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


天の川は光の帯ですが、宇宙空間に水をまき散らしている星が見つかったようなので少し調べてみました。

命の源ともいえる『水』。

そんな大切な水を吹きだしている星とはいったいどのような天体なのでしょうか?

BRnIWoRCcAEdOgm

■発見場所は

発見場所はペルセウス座の、地球から見て牡牛座のプレアデス星団(七姉妹、すばる)の右手に位置するL1448-MMの中。

とても質量が低いので、星を形成する段階の、本当に初期のほうなんだとか。

水を放水する星なんて聞いたことが無いですよね。しかも、放水する水は、約10万℃もするんだそうです。

超高温な上に超高速で超大量。

「各ジェットで毎秒流れる水量はアマゾン川の1億倍相当、スピードはAK-47アサルトライフルの銃口速度の80倍」

なんという規模…ハンパないですね。

■規模測定に成功したのは今回が初めてなのだとか!

こうした放水の現象はこれ以外にも確認されているそうですが、その規模測定に成功したのは今回が初めてなんだそう。

オランダのライデン大学の天体観測研チームが、欧州宇宙機関(ESA)のハーシェル赤外線宇宙望遠鏡を使って観測。

こういった大規模放水は星1個につき千年続く可能性もあるんだそうです。

そのプロセスで衝撃波を生み、星周辺に輪が堆積されてゆくのですが、その降着円盤は土星の輪のようにクリアじゃなく「もっとフワフワとしたもの」であるのだそうです。

全ての星は、星形成の初期段階でこの放水プロセスを通過するのかもしれない。かつての太陽も含めて…と予測されているようです。

■おわりに

いかがでしたか?

とても不思議な「高温、大質量の水を放出する星」。

宇宙はまだまだ不思議だらけ。

私たちの地球も、もしかしたら遥か昔はこのように大量の水を放出していたのかもしれませんね。

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】