実在した3メートルの巨大類人猿・ギガントピテクスについて調べてみた。



お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


イエティ、ビッグフット等という動物の名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

未知の巨大な獣人は、その大柄な体長や生息場所から、ギガントピテクス生存説として取り上げられることもあります。

今回はそんなギガントピテクスについて特集してみました。

ギガントピテクスは未確認生物ではなく、かつて地球上に「間違いなく実在した」巨大な霊長類で、およそ10万年前に絶滅したと考えられています。

■ギガントピテクス “gigantic ape”

“巨大な類人猿” という意味で、その名の通り、身長3メートルという巨大な体格を持っていたそうです。

とても興味深いギガントピテクスですが、現在はまだ「歯」と「アゴ」の一部の骨しか見つかっておらず、まだまだ沢山の謎に包まれています。

しかし見つかった一部の骨から、ゴリラに似た体型をしていたのでは?と推測されています。

ただし、姿が似ているだけで、身長はゴリラの約2倍もありました。

恐ろしい大きさですよね。

ただし、歯やアゴの骨の大きさのみから推測するのは間違いではないか?という考え方もあり、ギガントピテクスも2メートル程度だったのではないか、という説もあるようです。

■なぜ絶滅したのか?

さて、ゴリラの2倍の体格といえば向かうところ敵なし、脳も発達していそう、というイメージがありますよね。

しかし、彼らは絶滅してしまいました。

絶滅の原因はまだわかっていないようなのですが、 おそらくは巨大化してしまうことにより、気候や環境の変化についていけなかった、という説が濃厚なようです。

また、体は大きくても人類には狩られる側であり、人類たちとの競争に敗れ生息地を追い込まれていったのでは?という説もあります。

■ギガントピテクス生存説

現在のところ、ギガントピテクスは3種 (G. blacki, G. bilaspurensis, G. giganteus) 知られており、ギガントピテクスは中国を中心にベトナムやインドのあたりまで棲息していたと考えられているそうです。

イエティやビッグフット、オーストラリアのUMAであるヨーウィ。

これらが実際に目撃されたという証言や証拠が本物だったとしたら…?

いずれにしても、ギガントピテクスは獣人系UMAを考える上でもっとも興味深い存在です。

これから先、顎や歯以外の骨が発見されることにより、より一層、研究が進んでいくと思われます。

とても楽しみですね!

■おわりに

いかがでしたか?

イエティやビッグフットの正体がギガントピテクスで、今もどこかの森の中で生活しているかもしれません。

ゴリラの2~3倍の体格を誇るというギガントピテクス。山や森に遊びに行ったときに出会いたくない動物No1かもしれませんね。

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】