伝説の大陸、アトランティスは実在した?有力な証拠発見!



お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


かつて存在したと言われる幻の大陸、アトランティス。その実在を示す有力な証拠が、日本とブラジルの共同研究によって発見されました。

伝説の大陸として名高いアトランティス。

あなたも聞いたことがあるのではないのでしょうか?

■アトランティス

アトランティスという名前は、古代ギリシアの有名な哲学者、プラトンの著作『ティマイオス』と『クリティアス』の記述に由来します。

二つの著作は、後にプラトンの師匠となる哲学者ソクラテスや、プラトンの曽祖父であるクリティアスらの対談と言う形で記されています。

その中でクリティアスが自分の祖父から聞いた伝説として、かつて存在した大陸ほどもあった巨大な島とそこに存在したという王国の話を紹介しています。

その王国の名が、アトランティスです。

アトランティスは強大な軍事力を誇り、世界を支配しようとしますが、ゼウス神の怒りに触れてしまい、島ごと海中に没したとされています。

■有力な証拠とは?

長年に渡って、その存在を巡って議論が繰り広げられてきたアトランティス大陸ですが、

2013年5月、日本の海洋研究開発機構とブラジル政府が、大西洋の海底台地に、かつて巨大な大陸があったことを示す有力な証拠を発見したと発表しました。

海洋研究開発機構の潜水調査船『しんかい6500』がブラジルのリオデジャネイロ沖で発見したのは大量の花崗岩(かこうがん)でした。

花崗岩は陸地でしか組成されないことが知られており、それが海底で発見されるということは、かつてそこに陸地が存在していた重要な証拠となります。

ブラジル政府はこの発見を「かつて大西洋に伝説のアトランティス大陸が存在していたという、有力な証拠である」と語っているとのことです。

■おわりに

今回発見されたものが伝説のアトランティス大陸であるかどうかは、今後の研究調査によりますが、夢の膨らむ話ですよね。

続報が期待されます。

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】