本当に?幽体離脱現象は科学で解明できる



お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


自分の意識が、自分の身体から抜け出す……そんな感覚を経験したこと、ありますか?
幽体離脱と言われる、この不思議な現象について、科学的に説明できるという説があります。

■幽体離脱とは?

幽体離脱とは、生きている状態で魂や精神(霊魂)が自分の肉体を離れる現象のことです。心霊主義(スピリチュアリズム)と言われるオカルト思想においては、霊魂が人間の肉体と霊体の間にある幽体(アストラルボディ)を伴って身体から抜け出すことと説明されています。

科学的・医学的には説明が困難とされているこの幽体離脱現象ですが、実際に体験した人の証言には多くの一致点が見られるため、スピリチュアリズムの立場からは、その存在は確実であると言われています。

■科学的見地からの分析

科学的な立場からは、この現象は『体外離脱』と呼ばれています。住んでいる国や文化圏とは無関係に世界中で確認されており、ある統計によれば10人に1人程度の確率で経験をしているとも言われます。

脳医学的には、大脳の角回と呼ばれる部位を電気で刺激することによって体外離脱現象に似た感覚を人工的に作り出せることが知られています。

これは人間の意識が認識している自分の位置が、刺激によって身体が実際にある位置とズレることで起こると説明されています。

アメリカの超心理学者、ロバート・モンローは人為的にこの体外離脱現象を起こす、ヘミシンクと呼ばれる音響技術を開発しています。

ヘミシンクは音響効果を用いて右脳と左脳の脳波を同調させる装置で、瞑想と併用することで体外離脱が体験できるとされています。

■おわりに

心霊現象とも関わりが深いとされている幽体離脱現象。

もしかすると、近い将来、幽霊の存在が科学的に証明されるかもしれませんね。

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】