1年が8.5時間?地球型惑星、太陽系外で初めて発見される。



お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


太陽の周りを回る(公転する)地球のような天体のことを惑星といいます。

惑星には主に2つのタイプに分けられます。ひとつは高密度のガスで形成されたガス惑星。

太陽系の惑星としては、木星や土星などがガス惑星に当たります。もうひとつは岩石で出来ており地表のある岩石惑星で、地球型惑星とも言われます。

2013年10月、NASAが太陽系外で初めて、地球とほぼ同サイズの岩石型惑星を発見したと公表しました。『ケプラー78b』と名付けられたこの惑星、一体どんな星なのでしょうか?

 

■ケプラー78b

ケプラー78bは、地球から400光年の彼方、はくちょう座の方向にある恒星ケプラー78(太陽のように自ら光を発する天体)の周囲を公転する惑星です。

通常、惑星は自ら光を発していないため、恒星に比べて地表からの観測で発見することは困難です。ケプラー78bを発見したのは、NASAが打ち上げた天体探査衛星『ケプラー』でした。

『ケプラー』を用いて恒星を観測すると、その恒星がわずかに暗くなる瞬間を確認することができます。

これは恒星の前を何らかの天体が横切ったことを示す現象で、ちょうど地球から観測できる日食(太陽の前を月が通過し、影が重なる現象)と同じです。

つまりこの現象が観測できた恒星には惑星が存在する確率が高くなるわけですね。

ケプラー78を観測したところ、この現象が確認され、この恒星に惑星があることが推測されました。

恒星の光が弱くなる度合いなどから、この天体が地球のおよそ1.2倍、質量が1.7倍ある惑星であることが確認されたのです。これがケプラー78bでした。

 

■観測の結果

観測の結果、ケプラー78bはその体積と質量の比率が地球とほぼ同じであることが判明。

ガス惑星と岩石惑星ではその密度には大きな違いがあり、岩石惑星である地球とほぼ同じであるということは、ケプラー78bが地球と同じタイプの岩石惑星であることを意味しています。

地球とほぼ同じサイズの惑星なら、もしかすると地球と同じような環境が存在し生物が誕生しているかもしれない……そう期待したいところですが、残念ながらどうやらケプラー78bに生物が存在している可能性は極めて低いようです。

惑星が恒星の周りを一周する周期のことを公転周期と言い、地球の場合、その公転周期は365日……つまり1年になります。では、ケプラー78bの公転周期はどうかと言うと、なんとたったの8.5時間であることが判明しました。

公転周期が短いということは、それだけ惑星の公転速度が速いことを示しており、同時に恒星に近いことをも意味しています。

ケプラー78bと主星ケプラー78の距離は、わずかにその主星の直径分しかありません。

恒星に極端に近いことから、ケプラー78bの地表は摂氏2000度以上、岩石は溶けてドロドロの溶岩状であると推測されます。生物が存在している可能性はほぼないと言ってもいいでしょう。

 

■おわりに

1年が8.5時間しかない惑星とは驚きですが、こと座の方向にある恒星KOI-1843には、なんと公転周期4時間という惑星も存在しているそうです。

まだまだ、宇宙は不思議に満ち溢れていそうですね。

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】