寒すぎる!! 南極で観測された史上最低気温



お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


20年以上も前、『-40度の世界ではバナナで釘を打つことができる』というテレビCMがあった事を覚えていらっしゃる方もおられるでしょう。

しかし、世界にはバナナで釘を打つどころではない、極寒の気温が観測されたところもあります。

南極でこれまでの最低気温記録を更新するデータが確認されたという事です。

 

■極寒の冬

日本で行われた気象観測史上、最低の記録は1902年1月25日に北海道・旭川で確認されている-41.0度です。第2位は北海道・帯広で-38.2度。

ちなみにこの記録は第1位の翌日に記録されています。

おそらくこの時期、強烈な寒波が北海道に来ていたのでしょう。

第3位は同じく北海道の江丹別で-38.1度を記録していますが、これは1978年2月。

最低気温ランキングのうち、5つを1978年の記録が占めてることから、この年も寒波が強かったと推測できます。

興味深いのは、ランキング10位までの記録が1985年までの期間に集中しており、それ以降、ランキング上位に食い込む低い気温が今のところ観測されていない、という事実です。

これも地球温暖化の影響によるものなのでしょうか?

 

■世界で最も寒い場所

世界で最も寒いのはどこか、と問われれば、北極もしくは南極を思い浮かべる人が多いでしょう。

実際、これまでの観測史上、最も低い気温が記録されているのは南極大陸です。

1983年7月21日、ロシアのボストーク基地で観測された-89.2度という記録が、現状公式の世界最低気温の記録として認定されています。

同基地は南緯78度28分、東経106度52分、南極点から1730km離れた場所に位置しており、この地点で観測された気温は0度を超えたことは一度もありません。

2013年12日10日、アメリカ航空宇宙局(NASA)は人工衛星による地表面温度の観測データを分析した結果、2010年に-93.2度という、これまでの記録を超える最低気温が観測されていたことを公表、大きな話題となりました。

この最低気温が観測されたのは、ドームAと呼ばれる南極光源の最高地点で、2010年8月10の夜、この記録が観測されました。

数値的には間違いなく史上最低気温の記録ですが、この記録は地表面の温度であるため、実際の気温がボストーク基地の記録を下回っていたかどうかは不明とされ、現状、公式の最低気温記録となるかどうかは不明とされています。

 

■おわりに

-50℃に達すると、空中に巻いたお湯が一瞬にして氷の粉末と化すようです。

-90℃ともなると、どんな世界なのか想像もつきませんね。

【マイナス50度のセカイ】

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】