【超大陸パンゲア!】
~1つだった巨大大陸と、恐竜時代の幕開け~



お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


【超大陸パンゲア!】

超大陸パンゲアというのは、現代から約2億9900万~2億5100万年前にあった大陸のことです☆

アジア、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアなどの大陸が昔は全部繋がっていて、
ひとつの大陸だったんですよね!

ユーラメリカ大陸やゴンドワナ大陸地殻変動などで衝突し、
ひとつになることによって形成された大陸を『超大陸パンゲア』というんですね!

パンゲアが栄えた時代を『ペルム紀』といいます。
今回は『超大陸パンゲアと、ペルム紀』という部分で記事を書いていきます☆

【ペルム紀ってどんな時代?】

ペルム紀には様々な植物、巨大な両生類や爬虫類が生息していました。

その中には双弓類、単弓類なども繁栄し、
陸上にはとても豊かな生態系が築かれていたんですね!

単弓類は私たち哺乳類の祖先といわれています。

ペルム紀の地層からは、本当にいろいろな種類の化石が出土します。三葉虫などは有名ですね!

86_min-300x225

今から2億9900万年前ごろに栄えていた超大陸パンゲアですが、
あまりに巨大な大陸であったこともあり、とても厳しい気候と環境にさらされてたそうです。

植物も徐々に針葉樹やシダ種子植物など、
乾燥に強い植物に変わっていきました。

大陸では乾燥に対応する皮膚を手に入れた爬虫類が大きく進化し、
一方、海にはウロコの分厚い魚や、オウムガイやアンモナイトが繁栄していきました!

生きた化石で有名ですよね☆

【訪れる大量絶滅】

しかしそんなペルム紀も、約2億5100万年前あたりを境に、大量絶滅を迎えてしまいます(゚Д゚;)

この大量絶滅の原因としては本当に色々な説が提唱されていますが、

『火山の連続噴火により大量の灰が大気中に広がって地表を覆ったために、
太陽光が遮られてしまい生態系が大きく変化しすぎてしまったため』

という説が有力みたいです。

いろいろな要因があって引き起こされたとされる大量絶滅ですが、
その後、その空白を生めるように、様々な生物が誕生していきます!

【そして恐竜時代の幕が上がる】

そしてこの『ペルム紀』の次の時代が『三畳紀』。

わたしたちが知っている、恐竜が登場し始める時代です!
エオラプトルやヘレラサウルスなどの恐竜や翼竜がどんどん進化し、繁栄していきました。

ワニやカメの祖先が誕生したのもこの時代。

よく耳にする『ティラノサウルス』や『トリケラトプス』は、三畳紀の次の時代、ジュラ紀に出現してきます☆

ワイルドでダイナミックな恐竜時代の幕開けですね!

■おわりに

大量絶滅と恐竜時代の幕が切って落とされたのがペルム紀、そしてその礎となった超大陸パンゲア。

なんかワクワクするようなロマンをかんじますよね☆

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】