米ワイオミング州でトリケラトプスの3頭の化石が発見されたようです。



お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


約6700万年前に生息していたとみられる草食の恐竜、
トリケラトプスの3頭の化石が米ワイオミング州の同じ場所から発掘されたそうです。

このうち1頭はまだ若かったとみられ、3頭が親子だった可能性もあるとのこと。

■発見の経緯

これらの化石は、近くの農場経営者が昨年発見し、
現在発掘作業が行われている最中だ。

発掘チームによると、最も大きな1頭は完全に近い形で発掘され、
トリケラトプスの化石はこれまで、全身の骨のうち半分も見つからないケースが多かったみたいです。

imagesCAXVGAB5

テキサス州のヒューストン自然科学博物館に展示されている化石は約76%の骨がそろっているとされ、
これに匹敵するレベルが期待されているそう☆

■生々しい歯型も

このうちの1頭は脚の太い骨2本に歯の跡が残っていたしいです。
すごい生々しいですね!

チームによれば、同じ時代の肉食恐竜、
ティラノサウルスに襲われたと推定。

2頭目は体がやや小さめ、3頭目は体重が約半分だったとみられてます。
トリケラトプスが集団で行動していたことを示す証拠は、これまで見つかっていないということ。

集団で行動しているイメージが強かったので驚きですね!

■おわりに

いかがでしたか?

トリケラトプスといえばT-レックスと並んで恐竜の代表。

時にはロマンあふれる恐竜時代に思いをはせるのも良いものですね。

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】