T・レックス登場以前は地上最強だった……巨大肉食恐竜シアッチ・ミーケロルム



お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


最強の恐竜は? と問われれば誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスでしょう。

ティラノサウルス(T・レックス)は中生代白亜紀末期に栄えた、史上最大の肉食恐竜です。

しかし、ティラノサウルスが出現する以前の時代、地上には別の肉食恐竜が繁栄を誇っていたことを、ご存知でしょうか?

 

●ティラノサウルスより4000万年前の肉食恐竜

2013年11月、シカゴにあるフィールド自然史博物館の研究チームはユタ州でおよそ1億年前の土壌から大型肉食恐竜の化石を発見したことを発表しました。

その化石が最初に発見されたのは2008年のこと。発見当初はティラノサウルスの亜種と考えられていましたが、発掘作業を進めるうち、別種の恐竜であることが確認され、新種として認定されました。

全長9メートル、体重4tを超えると思われるその恐竜は、先住民族の神話に伝わる人を喰う怪物の名前にちなんで『シアッチ・ミーケロルム』と命名されました。

発掘された個体はまだ若いと考えられ、成熟期の大きさは12メートルを超えると考えられています。

これは北米で過去に発見された肉食恐竜の中でも2番目に大きいアクロカントサウルスに匹敵するサイズです。

 

 
●T・レックスの上に君臨していた?

この『シアッチ・ミーケロルム』の化石が発掘されたのと同じ場所からは、ティラノサウルスの化石も発見されています。

ティラノサウルスが最も繁栄したのは、シアッチ・ミーケロルムの化石が発見された地層の時代より約3000万年後であることが分かっています。

最盛期のティラノサウルスは体長13メートルを超える地上最大の肉食恐竜ですが、シアッチ・ミーケロルムの生存していた時代にはより小型であったことも判明しています。

おそらくこの時代、シアッチ・ミーケロルムはティラノサウルスを凌ぐ、食物連鎖の頂点として反映していたに違いありません。

 

■おわりに

ちなみに、ティラノサウルスが生きていたのは地質年代では白亜紀に当たり、映画『ジュラシックパーク』で知られるジュラ紀より本当は後の時代だって、ご存知でしたか?

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】