本当に失明する? 『耳のピアス穴から出てきた白い糸』の都市伝説



お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


『ピアス穴から出てきた白い糸を引っ張ったら失明してしまった』

そんな噂を聞いたことはありませんか?

所謂”都市伝説”のひとつとして有名な話ですが、果たして真相はどうなのでしょうか?

 

●都市伝説とは?

都市伝説とは『近現代を起源とする真偽不明の噂話』と定義される口承(口頭で伝承される物語。口伝とも)の一種です。

日本において都市伝説という名称が一般的に使われるようになったのは、1988年に出版されたジャン・ハロルド・ブルンヴァンの著書『消えるヒッチハイカー』が翻訳された際、urbanlegendという造語を”都市伝説”と表現したことがきっかけでした。

都市伝説には、以下の3つの特徴があるとされています。

1)ニュース性

古くからある伝承や伝説と違い、近現代に発祥した都市伝説はニュース性を持つと言われます。

事実に則した物語として語られる性質上、現実に起きた事件のスキャンダル性や差別意識のような、一般にタブーとされるような概念が含まれることがその特徴と言えるでしょう。

2)事実性

都市伝説の多くは『友人の友人』から聞いた話として口承されます。

それはその物語が”現実に起きた話”として印象付けながら、同時にその話の発祥を有耶無耶にする手法として有効とされています。

3)完結性

物語として伝承されることから、より完成度の高い物語(オチのよく出来た話)が好まれる傾向にあります。

 

 
●耳に下に視神経は通っている?

真相から言ってしまえば、『ピアス穴の白い糸』の噂話はまったく事実無根の都市伝説です。

視神経とは脳神経の一種で、脳と眼球を直結する神経ですので、それが目より下の耳たぶに通っているということはありえません。

話の真実性を増すためか、『脳幹神経を引き出してしまった』とする派生系の話もあるようですが、もちろんそのようなこともありません。

東洋医学における『目のツボ』が耳たぶにあるとする事を根拠とする場合もありますが、ツボを刺激して失明したという事例は今まで存在していませんし、そもそもツボの配置は流派によって違ってきますので、これも根拠とはいえません。

このような噂話が広がった原因には、『ピアス=不良』という偏見があると考えられています。

実際に、ピアスの害の例としてこの話が用いられる場合があります。

一部の親や教師がピアスを禁止する方便としてこの話を利用したことが、広く知られるようになった原因とも言われています。

 

■おわりに

筆者にも、この話が実際にあった出来事だと信じていた時期がありました…

…みなさんはいかがですか?

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】