知らなかった!
宇宙の謎と4次元空間って何?ってところまとめ☆



お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


1.宇宙に果てってあるの?

COBE(宇宙背景放射探査機)の観測によると
地球から見える全方向の宇宙には全く偏りがないということが
証明されているそうです。

これがどういうことかというと
1、地球が宇宙の中心に存在する
2、宇宙には果てがない

の、どちらかなわけですが
地球が宇宙の中心に存在するというのは考えにくいので
2の説が有力とのことですね☆

20121014-300x220

2.果てがない宇宙の構造ってどうなってるの?

宇宙に果てがないとはどういうこと?
果てがないといっても宇宙には決まったサイズがあるのは確かです。
ではなぜ観測することができないんでしょうか?

ここからちょっと有力な仮説を利用し、説明してみようと思います。

3.宇宙は4次元構造説!

例えば、円いボールをイメージしてください。
ボールにサインペンでバッタの絵が描かれています

ボールに描かれたバッタは2次元の住人です

3次元の世界に住んでる我々ならボールの中心が
どこにあるのかわかりますよね?

ですが2次元のバッタからみたらどうでしょうか
彼らに3次元のボールの中心がわかるでしょうか?

バッタにしてみたらボールという宇宙には中心もないし果てもないわけで、
ボールの中心は2次元のバッタには理解することができません

つまり、私たちが住んでいる3次元の世界では
4次元の宇宙の中心は観測することができないとのことです。

難しいですね…。

4.4次元って作り出せるの!?
ドラえもんでおなじみの4次元の世界ですが、
実は理論的には作り出すことは可能みたい。

5.4次元の世界ってなに?

例えばもし4次元のマンションがあったとしましょう。
あなたは今日、その4次元マンションを見学することになりました。

4次元マンションのモデルルームのチラシには全500戸と書かれています
「ええ?世帯数多っ!」って思うと思います。

ですが到着してみるとそこには
そこにはどう考えても50戸もないような、5階建てのごく普通のマンション。

奇妙に思いながらもチラシには4階の402号室と書いてあったので
あなたはエレベータを使い4階にいこうとエレベータに乗り込みます

ところがそのエレベータの階数ボタンはとても不思議なものでした。

1階-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10
2階-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10
3階-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10
4階-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10
5階-1-2-3-4-5-6-7-8-9-10

階数の横に更に数字があるのです

4階を押してみても横の数字を変えると、
同じ4階のはずなのにまったく違う場所にでてしまうのです!

しかも402号室がボタンの数だけ(10部屋)あります!

なんだかパラレルワールドみたいでワクワクしますね!

ですが4次元は空間が広がるわけではないんです
正確にはいくつもの空間が同じ場所に重なっているだけです!

つまり、このマンションは同じ所に同じマンションが
空間をまたいで10棟建てられているんです
3次元しか理解できない私たちがが見えているのはこのうちの1棟にすぎなかったのです!

すごいですね!

6.多次元はSFの世界だけじゃない!

上の4次元マンションは夢見たいな話に思えるかもしれませんけど、
私たちが見えていないだけで4次元の世界は常に我々と共存しています。

4次元だけでなく多次元(11次元や18次元、もしくはそれ以上)ですら
その中の片隅の3次元で我々が生活しているにすぎないんです。

信じるか信じないかはアナタ次第?
ですが、次元が重なり合って、まだまだ知らない世界があるって考えるとワクワクしてきませんか?

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】