神秘の能力!超能力について調べてみた。



お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あなたは超能力を信じますか?

小さい頃にテレパシーや瞬間移動に憧れた方も多いのではないかと思います。

そこで今回は、みんなが一度は憧れた『超能力』について調べてみました。

■超感覚的知覚
(英:ExtraSensory Perception、ESP)

五感や論理的な類推などの通常でありきたりの手段を用いず、様々な情報を得る能力をいうそうです。
通称E.S.Pと呼ばれることもあるみたいですね。

■テレパシー
(英:Telepathy)「遠方の」tele「感覚」pathy

言葉や文字を通じず、心に直接話しかけてコミュニケーションをとってしまう能力です。
以心伝心などとも違う、すごい能力ですね。

■予知
(プレコグニション 英:Precognition) pre「事前に」cognition「認識」

未来に起こることを事前に察知して、予見してしまう能力です。
論理的な読みではなく、具体的なイメージとして察知することができるのだとか。

■透視、千里眼
(クレヤボヤンス 仏:Clairvoyance) clair「明白な」voyant「視覚」

通常、目眼では認識できないものを『心の眼』のような力で透視してしまいます。
黒い箱の中に入っている紙に書かれた文字を言い当てたり、遥か地球の裏側で起こっていることをリアルタイムで認識できてしまうらしいです。

■念力、念動力
(サイコキネシス 英:Psychokinesis)「精神の」psycho「動き」kinesis(ともにギリシャ語)
※手を触れずに物を動かすため、テレキネシス(英:Telekinesis)「遠方の」tele「動き」kinesis とも。

手や足を使わず、意思の力だけで物体を動かす能力のことです。
映画などでよく見かけるポルターガイスト現象は無意識にこの力が作用したものではないかという意見も。

■サイコメトリー
(英:Psychometry)「精神の」psycho「測定・分析」metry

物体に残る、人の残留思念を読み取る力なのだとか。
例えば、大切にしていた人形に込められた持ち主の思いだったり、
そういうものを読み取ってしまいます。

■瞬間移動
(テレポーテーション 英:Teleportation)「遠方の」tele「運ぶ」port(portはラテン語のportreから)

これは説明不要ですね。
一瞬で空間のドアを開くように、好きなところへ移動できてしまいます。
ワープ能力のようなものでしょうか。

■念写
(英:Thoughtography, Projected thermography, Nengraphy)「考えた」thought「記録」graphy

心の中に思い浮かべている観念を印画紙などに画像として焼き付けることを言うのだそうです。
自分の思考をペンなどを用いずに具現化してしまうとは信じられない力ですね!

■発火能力
(パイロキネシス 英:Pyrokinesis)「火の」pyro「動き」kinesis

念じることにより発生した脳波をぶつけて発火させたり、念動力により分子運動を激しくさせて火を放つものまで、
色々な種類が考えられているようです。
アニメなどでもよく出てきますね!

いかがでしたか?

日本語では超能力を持つ人を超能力者と呼び、英語圏では「psychic サイキック」と呼んだり、あるいはPSI (ψ、サイ) という広い概念でとらえたりしているとのことです。

ある日こんな超能力が使えるようになったら。
そう考えるだけでもなんだか面白いですね!

あなたが欲しい能力はこの中にありましたか?

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】